山陽新幹線、運転再開へ ひかり、のぞみ追加列車も

 JR西日本は15日、台風10号の接近で終日運転を見合わせた山陽新幹線の新大阪-小倉間について、16日は午前6時台の始発から運転を再開すると明らかにした。博多-新大阪間と広島-新大阪間でひかりの追加臨時列車もそれぞれ1本ずつ運行する。

 JR各社によると、15日は東海道新幹線も山陽新幹線との直通運転を取りやめ、上下計55本が運休になったが、16日は始発から通常運行。16、17両日、のぞみの追加臨時列車計13本を運行する。

 京阪神地区の在来線は16日、北陸方面への「サンダーバード」や、山陰方面への「はまかぜ」など特急列車約150本を運休。山陽本線網干-上郡間や、関西線加茂-亀山間など一部区間で運転を見合わせる。15日に四国の全線を運休としたJR四国は、16日も特急の一部を運休する。

 15日に本数を減らしていた九州新幹線は、16日は始発から通常通り運行。山陽新幹線との直通運転も再開する。在来線や特急も通常運行する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ