京急脱線 運転士「手動でブレーキかけたが間に合わなかった」

 横浜市神奈川区の踏切で京急電鉄の電車とトラックが接触し脱線した事故で、電車の運転士が「手動でブレーキをかけたが間に合わなかった」と話していることが分かった。

 目撃者によると、トラックは線路を並行する側道から右折して踏切に侵入。いったん立ち往生した際に遮断機が下りたという。その後、踏切を抜けようとして衝突したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ