泣きじゃくる乗客 延焼の恐怖から命からがら脱出

 もうもうと黒煙が立ち上る中、傾いた赤い車両から乗客は命からがら脱出した-。横浜市神奈川区の踏切で5日、京浜急行線の電車がトラックと衝突、脱線した事故。原形をとどめないほど大破、炎上したトラックは、衝突の激しさを物語る。延焼の恐れもある中、乗客らは車両の連結部分や窓から外に逃れた。

 その瞬間、線路上にあったトラックの車体は目の前から消えた。

 「みんな何が起きたのか分からず、呆然(ぼうぜん)としているようだった」

 事故を目撃した30代の男性は、当時の状況をそう振り返る。踏切の警報音が鳴る中、立ち往生していたトラックを踏切外に逃そうと人々が集まっていた。トラックの車体に引っかかっていた遮断機が外れ、踏切の外に出ようとしたそのとき、電車はトラックの車体もろとも目の前を走り抜けていった。

 「誰も何も言葉が出なかった」。周囲には積み荷のかんきつ類が散乱し、線路横の鉄製の支柱はかかっていた架線ともどもひきずられ、無残に折れ曲がっていた。

 「ドカーン」。先頭車両の中央付近に座っていた東京都内の無職、金子弘高さん(72)は、汽笛のような高いブレーキ音が15秒くらい続いた後、大きな衝撃音を聞いた。次の瞬間、車内に男性客の「後ろに逃げろ」と叫ぶ声が響いた。

 20メートルくらい何かを引きずり、先頭車両は次第に右側に傾いていく。「立っていられなくなった。窓に足がつくような感じになって逃げようと思った」。車両が停止すると、脱線した影響であらわになった連結部分から脱出した。

 このとき、現場に駆けつけた女性(41)は、傾いた車両付近から炎が上がっているのを見た。

 引きずられたトラックは脱線した電車と線路脇の防音壁に挟まれ大破、車体からは黒煙が上がっていた。電車も先頭から3両目までが脱線。煙のすすで真っ黒になった先頭車両は右側に斜め45度近く傾いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ