進入試み、数十秒立ち往生 大破トラック、道間違えか 京急脱線

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で下り快特電車がトラックと衝突し、トラック運転手が死亡した事故で、トラックが踏切内で数十秒間にわたり、立ち往生していたことが6日、分かった。トラックは道を間違えた可能性があり、神奈川県警は、大破したトラックの状況を詳しく調べるとともに、自動車運転処罰法違反の疑いで捜査している。

 京浜急行電鉄は脱線した事故車両の撤去のため大型クレーンを事故現場に搬入するなどして復旧作業を進めた。当初、同日夕としていた不通区間の再開はずれ込み、7日始発を目指す。

 京急によると、トラックは右折して踏切に進入しようと何度も試み、前進後進を繰り返していた。その後、遮断機が荷台部分に引っ掛かったが、くぐり抜けるように入り、数十秒間にわたって立ち往生する様子が現場近くのカメラに写っていた。県警はカメラ画像を解析し、事故直前のトラックの動きを確認する。

 県警によると、死亡したのは本橋道雄運転手(67)=千葉県成田市。線路沿いの細い道路から右折して踏切に進入したが曲がりきれず、何度も切り返す間に遮断機が下りた。勤務先の千葉県香取市の運送会社によると、横浜市から成田市に果物などを運ぶ途中で、以前も同じルートを通った経験があったが、会社が指示した道路とは違い、道を間違えた可能性がある。

 事故は5日午前11時40分ごろ、神奈川新町-仲木戸間の踏切で発生。青砥発三崎口行きの快特電車(8両編成、乗客約500人)がトラックと衝突して先頭から3両目までが脱線し、トラックが炎上した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ