京急、7日昼の運行再開目指す

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で下り快特電車がトラックと衝突し、トラック運転手が死亡、多数の乗客が負傷した事故で、京浜急行電鉄は6日夜、7日昼の運行再開を目指していると明らかにした。

 事故は5日午前11時40分ごろ、神奈川新町-仲木戸間の踏切で発生。快特電車がトラックと衝突して先頭から3両目までが脱線、トラックが炎上した。

 京急は大型クレーンを使うなどして脱線した事故車両の撤去を進めている。当初は6日夕に不通区間の再開を目指していたが、「車両の搬出に時間がかかっている」(京急広報課)という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ