京急、2日ぶり全線運行へ 未明に事故車両撤去

 横浜市神奈川区の京急線の踏切事故で、京浜急行電鉄は7日、2日ぶりの全線運行再開に向け、復旧作業を急いだ。衝突した快特電車と大型トラックを7日未明までに事故現場から撤去し、作業員らが夜通しで線路や架線の安全確認などを進めた。

 電車は8両編成で先頭から3両目までが脱線。京急は事故現場に最後まで残った先頭車両を大型クレーンでつり上げて線路に戻し、多くの作業員が押して近くの車両基地に移動。その後、衝突で大破したトラックも線路上から取り除いた。

 復旧作業は5日午後8時ごろから始まった。当初、事故に伴う不通区間の運行再開を6日夕としていたが、大きく傾いた先頭車両の撤去などに予想以上に時間がかかり、7日昼以降にずれ込む見通しとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ