関東に接近、上陸の恐れ 台風15号、暴風大雨に警戒

 強い台風15号は八丈島の南を北寄りに進んだ。8日夜遅くから9日昼前にかけて関東か東海に上陸する見込み。気象庁は8日、臨時記者会見を開き「首都圏を含め記録的な暴風となる恐れがある」として安全確保を呼び掛けた。うねりを伴う高波、大雨による土砂災害、河川の増水・氾濫にも厳重な警戒が必要だ。

 気象庁によると、台風接近の影響で東日本を中心に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっている。上陸後は9日昼前にかけて関東甲信を通過し、その後、東北の東の海に抜ける見通し。

 JR東海によると、東海道新幹線は8日午後6時ごろから運転本数を減らす。午後10時ごろには、東京-三島間の運転を見合わせる。山陽新幹線から直通の上りが新大阪止まりとなる列車を含め、運休は上下線で計50本としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ