停電が続く千葉で水遊びは不謹慎? 千葉・熊谷市長のツイートに賛同の声多数

 台風15号の影響で、千葉県内ではいまだ大規模な停電や断水が続く。そんななか、熊谷俊人千葉市長が12日に自身のツイッターを更新。その内容に多くの声が寄せられている。

 熊谷市長は同日、「養護学校の生徒が水遊びしていることについて『災害の中、不謹慎』との苦情が入りました(その方は停電は発生していない地域にお住い)」と切り出し、「確かに千葉市内を始め、県内が停電・断水な中、不謹慎と思う方もいるかもしれませんが、自粛しても意味がありません」と反論。そのうえで「心を寄せて頂いた上で、自粛はご遠慮下さい」と結び、SNS上で理解を求めた。

 このツイートは瞬く間に拡散。熊谷市長の考えに賛同する声が数多くの寄せられている。リプ欄には「千葉県民です。市長のコメント、スカッとしました」「市長がこういった発信をしていただけること、とても心強いです!」など熊谷市長を支持するコメントが殺到。

 また「座して願ったって、復旧が進むわけでは無いのに…震災時もそうでしたが、普通の暮らしができる人は普通に暮らすべきと思います」「被災者は自粛を求めていない。援助は求めている。子供たちが我慢することで救われはしない」「みんなが自粛してしまうと、どんどんとネガティブになって、さらに精神的に追い込まれます。復旧したところから、徐々に復興をはじめていくことこそ第一です」といった意見が寄せられるなど、大半が熊谷市長の投稿に理解を示すものだった。

 なかには「何が不謹慎なのか理解が出来ないです。何もするなと言っているのか」「何にでもクレームを付けて。嫌な世の中です」など、呆れるユーザーもちらほら。また「水遊びごときで不謹慎と言っていたら千葉県浦安市にあるディズニーランドは休業しなきゃいけないですよね」と指摘する書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ