さいたま男児遺棄 逮捕の父親は捜索に参加 「殺してしまった」と供述

 さいたま市見沼区大谷(おおや)の集合住宅敷地内で18日未明、住人の市立大谷小4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)が殺害されているのが見つかった事件で、埼玉県警は19日、死体遺棄容疑で遼佑君の父親で無職、進藤悠介容疑者(32)を逮捕した。県警は18日に続き19日も任意で事情聴取。当初、関与を否定していたが、同日昼に認める供述を始めた。

 調べに容疑を認め、「殺してしまったので、見つからないように隠した」などと供述。県警は殺人容疑でも捜査する。

 捜査関係者によると、遼佑君の死因は首をひものようなもので絞められたことによる窒息死で、死亡推定時刻は17日夕方とみられる。自宅からはひも状のものが複数見つかっており、県警は自宅で殺害したとみて、詳しい状況を調べる。

 逮捕容疑は17日夕方ごろ、遼佑君の遺体を自宅向かいの空き部屋前のメーターボックス(縦約180センチ、横約60センチ、奥行き約40センチ)に遺棄したとしている。現場に争った形跡はなく、英会話塾で使っていたかばんが見つかった。

 県警によると、悠介容疑者は母親(42)の再婚相手で遼佑君と血縁関係はない。遼佑君は17日午後3時15分ごろに下校して帰宅しており、悠介容疑者は在宅していた。

 悠介容疑者は夜に仕事から戻った母親に対し、遼佑君が英会話塾に行ったなどと説明。帰宅しないため母親が塾に確認したところ欠席していたことが分かり、110番通報した。悠介容疑者は通報後の捜索にも参加していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ