小4男児殺害 居室には3人の写真、母親「トラブル思い当たらず」 

 さいたま市の集合住宅で小学4年の進藤遼佑(りょうすけ)君(9)の遺体が見つかった殺人事件で、遼佑君と、死体遺棄容疑で逮捕された父親の進藤悠介容疑者(32)の間に日常的ないさかいは確認されておらず、表面上は良好な関係だったとみられることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 遼佑君と母親(42)は昨年12月に悠介容疑者と同居を始めた。捜査関係者によると、悠介容疑者は「本当の親じゃないといわれて腹が立ち、殺してしまった」と供述。県警は、血のつながりがない親子関係に葛藤を抱えていた悠介容疑者が突発的に殺害し、遺体を遺棄したとみて、慎重に経緯を調べる。

 居室には3人の家族写真が飾ってあり、撮影に使ったとみられるカメラもあった。母親は「2人の間にトラブルは思い当たらない」という趣旨の話をしているほか、周辺からもトラブルをうかがわせる情報は出ていないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ