台風19号 JR中央線18日午前に仮復旧 全面開通は今月末

 台風19号の影響で大月(山梨県大月市)-高尾(東京都八王子市)間で運休が続いていたJR中央線について、JR東日本は17日、18日午前に仮復旧すると発表した。ただ、折り返し運転区間があり、特急などが運転する全面開通は今月末になる。

 JR東によると、相模湖(相模原市緑区)-高尾間は当面、午後7時ごろまで下り線路のみを使った折り返し運転となり、運行は1~2時間半間隔となる。

 小淵沢(山梨県北杜市)-相模湖間は18日午前11時ごろ運転を再開するが、通常の半数程度しか運転しない。特急「あずさ」「かいじ」などは運休が続く。

 大量の土砂が中央線の線路上に流入した大月市梁川町では17日も懸命の復旧作業が行われ、土砂で傾いた架線柱が撤去された。

 山梨県と東京は、ほかにも中央自動車道や国道20号の通行止めで寸断されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ