京アニ事件3カ月 八田社長が会見

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオの放火殺人事件から3カ月となった18日午後、京アニの八田英明社長が京都市内で記者会見を行う。

 八田社長は事件直後、本社前やスタジオ周辺での取材に応じ、京アニの代理人弁護士も会見を行うなど報道対応を行ってきたが、社長本人が記者会見に臨むのは初めて。事件直後の取材に八田社長は、多くの社員が亡くなった無念さや、現場から逃げ出した従業員から聞いた事件当時の様子などを語っていた。

 事件は7月18日午前10時半ごろ発生し、36人が死亡、33人が負傷した。京都府警はスタジオ1階にガソリンをまいて火をつけたとして、殺人や現住建造物等放火などの容疑で、さいたま市の青葉真司容疑者(41)の逮捕状を取得しているが、青葉容疑者本人も重いやけどを負い、現在も入院している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ