台風復旧の補正成立 茨城県、住宅再建支援など354億円

 茨城県議会は19日の臨時会で、台風15号、19号からの復旧に向けた354億5900万円の一般会計補正予算案を全会一致で可決した。平成27年9月の東日本豪雨の際の補正予算約135億円を上回る大型補正となった。

 住宅再建への支援として、被災者生活再建支援法に基づき、全壊の場合は最大で300万円、大規模半壊の場合は150万円を支給する。同法の対象外となる半壊の住宅に対しても、県独自の支援として、25万円を市町村と折半して補助する。

 被災した農家に対しては、パイプハウスなどの農業用施設や農業用機械の再建、修理の費用を一部負担する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ