新幹線殺傷公判 遺族の供述調書朗読「罪にふさわしい刑罰を」

 東海道新幹線で昨年6月、乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた無職、小島一朗被告(23)の裁判員裁判が5日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)で開かれ、死亡した兵庫県尼崎市の会社員、梅田耕太郎さん=当時(38)=の母と妻の供述調書が読み上げられた。

 母親は供述調書の中で、「優しい子で、私たち両親にとっては最高の息子だった」と述懐。凶行を阻止しようとして事件に巻き込まれたことについては「(被害者の)女性を助けたいという強い気持ちがあったと思う。けなげで、いとおしくてならない」と悲痛な思いを吐露した。妻も、梅田さんは仕事で多忙だったにもかかわらず、家事を積極的に手伝ってくれるなど、「思いやりがあり、親切で正義感が強い人だった」と振り返った。

 小島被告への処罰感情について、母親は「犯した罪にふさわしい刑罰を科してほしい」と要望し、妻も「被告が二度と事件を起こさないような判断をしてほしい」と述べた。

 一方、小島被告は謝罪の気持ちは「一切ない」と述べ、遺族への思いを聞かれても、「私が刑務所に一生入っている(ことの)方が、優先されるべきと考えた」と言い切った。

 起訴状によると、小島被告は昨年6月9日夜、新横浜-小田原間を走行中ののぞみ車内で、女性2人になたで切り付けてけがを負わせ、梅田さんにも切り付け、殺害したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ