東名あおり、6日に2審判決 危険運転罪の成否焦点 神奈川

 大井町の東名高速道路で平成29年、あおり運転で停車させられた夫婦が後続のトラックに追突されて死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪に問われた無職、石橋和歩被告(27)=1審懲役18年=の控訴審判決が6日、東京高裁で言い渡される。

 横浜地裁の1審裁判員裁判判決は、あおり運転と追突事故による死亡の間に因果関係を認め、危険運転致死傷罪が成立すると判断した。あおり運転が社会問題化する契機となった事故で、市民感覚を反映した内容とも言えるが、専門家には「法の拡大解釈」と異論も根強い。プロの裁判官だけで審理した2審の結論が注目される。

 事故は29年6月5日夜、大井町で発生。1審判決などによると、石橋被告は、萩山嘉久さん=当時(45)=にパーキングエリアでの駐車方法を注意されたことに憤り、一家のワゴン車に4度の妨害行為を繰り返し、追い越し車線上で停車させた。約2分後、後続の大型トラックがワゴン車に追突、萩山さんと妻の友香さん=同(39)=が亡くなり、娘2人もけがをした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ