中村哲さんの遺体、福岡に 11日に告別式

 アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さん(73)の遺体が8日夕方、遺族らとともに航空機で成田空港に到着、帰国した。羽田空港経由で9日午前、福岡空港に到着。中村さんは福岡県大牟田市に自宅がある。同会によると、11日に福岡市内で告別式が執り行われる予定。

 ペシャワール会の村上優会長(70)は福岡空港で会見し、「中村先生が実践してきた全てを継続していきたい」と遺志を継ぐ決意を表明。国内外の多くの人が喪失感を共有し、励ましの言葉を寄せてくれたことで「事業継続への力となった」と感謝を述べた。

 遺体は福岡県警大牟田署に移され、検視が行われた。10日に司法解剖し、死因を調べる。アフガン保健省幹部によると、失血死とみられる。県警は警察庁など関係機関と連携し、刑法の国外犯規定に基づき殺人容疑で捜査を進める。

 成田空港に8日到着した中村さんのひつぎは白い布で覆われ、駐機場へ降ろされた。ターミナルビル前では妻の尚子さん(66)や長女の秋子さん(39)、鈴木馨祐外務副大臣らがひつぎに花束を手向け、黙祷(もくとう)をささげた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ