福岡県警が司法解剖 中村哲さん死因調べる

 福岡県警は10日、アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)の遺体を司法解剖した。死因を調べ、刑法の国外犯規定に基づいて殺人容疑で捜査を進める。

 中村さんの遺体は9日、自宅のある福岡県大牟田市に移され、大牟田署で検視が行われた。10日早朝、遺体を乗せた車が署を出発。前後に複数台の白バイや捜査車両が付き、約1時間後に同県久留米市の大学病院に入った。

 中村さんは4日、車で移動中、武装した男らに襲われ、複数の銃弾を受けた。失血死したとみられる。遺体は8日、遺族と共に日本に帰った。11日に福岡市内で告別式が執り行われる予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ