「一日も早い復興を」 仕事納めで宮城県知事が訓示

 官公庁の仕事納めとなった27日、宮城県の村井嘉浩知事は県庁で約400人の職員を前に訓示を行い、台風19号による県内の被害について「19人の尊い命が奪われたことは、災害への備えを進めている県にとって極めて残念な事態」と振り返った。

 村井知事は「職員の皆さんには昼夜を問わず、復旧や被災者支援に取り組んでいただいた」とねぎらった上で「(被災者の)仮設住宅への入居が進むなど着実に復旧が進んでいるが、一日も早い復興を目指し、引き続き被災自治体や被災者を全力で支援していく」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ