ゴーン被告妻の逮捕状発行は「哀れだ」 広報担当が非難

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=の広報担当者は7日、東京地検特捜部が偽証容疑で妻のキャロル・ナハス容疑者(53)の逮捕状を取ったことについて「哀れだ」と非難した。ロイター通信が伝えた。

 8日にはゴーン被告の記者会見が予定されている。広報担当者は被告が昨年4月にも会見する方針を示していた中で再逮捕されたとし「今回は(逃亡後)初めて自由に話そうとしていた前日だ」と述べた。

 レバノンのセルハン暫定法相は7日、共同通信の取材に応じ、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて正式な要請があれば、キャロル容疑者から事情聴取を行う考えを示した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ