相模原45人殺傷初公判 起訴状読み上げ 検察官、被害者を匿名

 障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年、入所者ら45人が殺傷された事件の横浜地裁での8日の初公判で、検察側は起訴状の読み上げで、被害者の氏名を伏せた。

 検察側は、殺害された入所者を「甲A」、負傷した入所者を「乙A」、同じく負傷した職員を「丙A」などとした。ほとんどの被害者が匿名で審理される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ