相模原45人殺傷初公判・詳報(1) 被告暴れ、怒号飛ぶ法廷 傍聴人ぼう然

 《相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の初公判が8日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で始まった》

 《公判の主な争点は刑事責任能力の有無。植松被告は、横浜地検の鑑定留置で人格障害の一つである「自己愛性パーソナリティー障害」と診断されたが、地検は完全責任能力があったと判断し、起訴した》

 《障害者が狙われ、19人もの死者を出した前代未聞の事件。この日は一般傍聴席26席に対し、1944人の傍聴希望者が集まった。開廷は午前11時の予定だったが、傍聴希望者が多かったことなどから手続きに時間を要し、20分遅れて始まった》

 《静まり返った法廷。小さな音を立てて開いたドアに傍聴人の視線が集まる。黒いスーツに青いネクタイを身に着けた植松被告が、刑務官らに付き添われて入廷した。腰辺りまで伸びた髪は後ろでひとつに束ねている。緊張した面持ちで法廷内を見渡し、数回会釈しながら弁護人の脇にある椅子に着いた》

 《裁判長が審理に先立って注意事項を伝える》

 裁判長「今法廷は、バーの中のみならず遮蔽された付近も、バーの中、公判廷とみなして被害者参加人に出席してもらっている。限られたスペースでご迷惑をかけますがご理解ください」

 《被害者が数多くいるため、被害者参加する遺族や関係者も多い。そのため地裁は、傍聴席の3分の1のスペースを参加人に割り当てた》

 裁判長「また参加人の心身の状態などから検察官の申し出を受けて、対象の参加人は被告や傍聴人との間に遮蔽を設けている。遮蔽版の中に入ったりのぞいたりすることは禁じられているので絶対にしないように」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ