ゴーン被告弁護団の弘中、高野弁護士が辞任

 カルロス・ゴーン被告の弁護人を務めていた弘中惇一郎弁護士と高野隆弁護士が東京地裁に辞任届を提出し、16日、受理された。ゴーン被告がレバノンに逃亡したことで裁判の見通しが立たなくなったためとみられる。弘中氏は同日、報道陣に「特に申し上げることはない」と述べ、今後も記者会見は行わないことを明らかにした。

 主任の河津博史弁護士らは引き続き、弁護人を務める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ