相模原45人殺傷公判 被告元交際女性が出廷 自分勝手で目立ちたがり「俺がやる」と殺害示唆

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の第5回公判が17日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。当日は検察側が証人尋問を行い、事件当時、植松被告と交際していた女性と、同園近くに住む男性の2人が出廷。事件に至るまでの植松被告の言動の変化や、犯行直前の様子などを証言した。

 証人として出廷した元交際相手の女性は、植松被告の性格について「楽観的な場面があったが自分の意見を曲げず、自分勝手で目立ちたがりの部分もあった」と話した。女性は植松被告と26年8月ごろから、同年冬まで交際。いったん別れたが、その後、翌年冬から事件当時まで再び交際していた。

 女性によると、最初の交際期間中に、植松被告が障害者を差別する言動をすることはなく、車で同園の近くを通ったときも、入所者のことを「あの人はかわいい」などと、楽しそうに語っていたという。

 しかし、翌年、再び交際したときには、「生産性がない」「あいつら人間じゃない」「俺がやる」などと言うようになり、障害者の殺害をほのめかす過激な発言が目立つようになった。女性は植松被告の変化について、「(障害者に)一生懸命に接していても報われなかったり、金銭的な対価も低いことなどが、フラストレーションとしてたまっていたのかもしれない」などと推測した。

 植松被告は事件前の28年2月から措置入院したが、退院後も障害者に否定的な言動を続けたという。措置入院解除の理由を、植松被告は女性に「おとなしい患者を演じて、医者をだました」と説明したこともあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ