阪神大震災25年 変わらぬ思い次世代に 被災地、祈りに包まれる

 2020年1月17日、6434人が犠牲となった阪神大震災から25年となった被災地は、多くの人たちの祈りに包まれた。

 四半世紀を経て、震災当時、幼かった被災者は親となり、また悲しみに暮れる家族を支えてきた親たちは年を重ねた姿となり、この日も追悼の場を訪れた。25年前には、この世に生を受けていなかった子供たちも、学校での追悼行事で花を手向け手を合わせた。

 あの日から時は流れ、平成から令和に変わった。震災の記憶と教訓は次世代に刻まれていく。変わらぬ思いとともに。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ