空自元幹部を起訴 早期警戒機情報漏洩事件 東京地検

 米国製早期警戒機「E2D」の性能情報漏洩事件で、東京地検は7日、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法違反罪で、航空自衛隊元1等空佐で会社員の菅野聡容疑者(58)=東京都府中市=を起訴した。

 起訴状によると、平成25年1月、埼玉県の空自入間基地で、米政府から提供された早期警戒機に関する特別防衛秘密(特防秘)情報を記録媒体に保存。外部に渡すなどしたとしている。

 警視庁によると、当時は部隊の運用などに携わる部門の課長で、情報は国内の商社社員に渡したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ