学生ら919人の個人情報紛失 京大大学院医学研究科

 京都大学大学院医学研究科は7日、同科人間健康科学系専攻の女性准教授が、学生らの個人情報が入った外付けハードディスクドライブ(HDD)を紛失したと発表した。現時点で情報漏洩の事実は確認されていないとしている。

 京大大学院によると、准教授は昨年12月上旬、アメリカへの出張前に成田空港でHDDを使用。同10日になって滞在先で紛失に気づき、帰国後の同17日、警察に遺失物届を提出するとともに、大学側にも報告したという。

 HDDには、同科学生の氏名、電話番号、成績などのほか、非常勤職員の履歴書など、計919人分の個人情報が保存されていた。該当者にはすでに文書で説明、謝罪したという。

 医学研究科は「個人情報の管理を改めて整理、徹底し、再発防止に努める」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ