母子支援施設に生後3カ月の娘遺棄 容疑で18歳少女を逮捕

 東京都板橋区の区立母子生活支援施設で生後3カ月の女児の遺体が見つかった事件で、警視庁少年事件課は死体遺棄容疑で、母親で施設入居者の無職の少女(18)を逮捕した。「娘が死んだことを受け入れきれず、手元に置いておきたかった」と供述しており、同課は女児が死亡した経緯を調べる。

 少年事件課によると、女児は少女が暮らす個室の押し入れから発見された。衣服を着て毛布にくるまれた状態でキャリーケースに入れられていた。司法解剖の結果、死後1~3週間が経過していたとみられる。

 少女は昨年12月中旬に女児と2人で入所。区職員が今月5日に少女と面談した際には女児はおらず、少女は「親族に預けている」と説明していた。その後、少女は行方不明となり、女児の安否も確認できないことなどから、区が警視庁高島平署に通報。署員が女児の遺体を発見した。少女は11日に神奈川県伊勢原市内で見つかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ