現在の自宅からも危険ドラッグ押収か 歌手の槙原容疑者

 歌手の槙原敬之(のりゆき=本名・範之)容疑者(50)が約2年前に当時の自宅で覚醒剤などを所持したとして警視庁に逮捕された事件で、槙原容疑者の現在の自宅から危険ドラッグ「ラッシュ」とみられる液体が押収されていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、液体が発見されたのは東京都渋谷区にある自宅で、警視庁組織犯罪対策5課は同居している知人からも事情を聴取。槙原容疑者の尿鑑定を進め、現在の薬物使用の有無についても調べている。

 槙原容疑者は13日、平成30年3月と4月に当時住んでいた港区のマンションの自室で、覚醒剤0・083グラムとラッシュ64・2ミリリットルを所持していたとして逮捕された。調べに対し、大筋で容疑を認めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ