東京で住宅火災相次ぎ男女3人が死亡

 東京都内で16日、住宅火災が相次ぎ、60~90代とみられる男女計3人が死亡した。

 午前11時15分ごろ、練馬区早宮の民家で、近隣住民から「煙が出ている」と110番通報があった。火は約2時間半後に消し止められたが、木造2階建ての民家と物置が全焼。2階から高齢女性2人が救助されたが、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁練馬署はこの家に2人で住む90代と80代の姉妹とみて、身元の確認を急いでいる。

 また、午前3時45分ごろには、墨田区本所の木造2階建ての民家から出火した。本所署によると、2階から男性が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。この家に1人で住む60代の男性とみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ