快速にはねられ女性死亡 JR中央線、7万5千人影響

 17日午前6時40分ごろ、東京都国分寺市のJR中央線国分寺駅で、停車しようとした武蔵小金井発高尾行き快速電車が女性をはねた。女性は50代ぐらいで即死。警視庁小金井署は自殺とみている。乗客にけがはなかった。

 JR東日本によると、中央線快速は東京-高尾間で一時運転を見合わせた。新宿発松本行き特急あずさ1号が40分遅れるなど中央線の計43本に運休や遅れが出て、約7万5千人に影響した。電車の運転士は女性に気付いて、非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ