任意同行求めた男が突然逃走、靴脱げ素足で 埼玉・川越

 17日午前7時55分ごろ、埼玉県警の捜査員が、強要事件の捜査で同県川越市仙波町の男(35)の自宅を訪れ任意同行を求めたところ、男が逃走した。

 県警によると、約1時間の家宅捜索を行った後、男に川越署への任意同行を求めると、突然走り出し逃げ去った。

 男は身長約170センチで、左胸に2006年トリノ五輪のロゴマークが入った白いダウンジャケットと黒いスエットを着用していた。逃走中に靴が脱げたため、素足だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ