「勝手に奪っていい命など一つもない」 相模原殺傷事件公判、犠牲者の母親が意見陳述

 横浜地裁で17日に開かれた相模原市の45人殺傷事件の裁判員裁判で、犠牲者の一人、美帆さん=当時(19)=の母親が検察側の論告求刑に先立ち、法廷で意見陳述を行った。「私たち家族、美帆を愛してくれた周りの人たちは皆、あなたに殺されたのです。未来をすべて奪われたのです。美帆を返してください」。言葉の一つ一つには、わが子を理不尽に奪われた無念さと悔しさがにじんでいた。

 公判では、被害者特定事項秘匿制度に基づき被害者のほとんどが匿名で審理が進められているが、母親は「ちゃんと『美帆』という名前がある」として、初公判に合わせて名前を公表していた。意見陳述の際には植松聖被告(30)や傍聴人から母親が見えないよう、法廷内についたてが設置された。

 美帆さんは自閉症で言葉を発することはなかったが、「とても人が好きで、人懐っこい子」だった。音楽が好きで、ドラマの主題歌やアニメの曲などに合わせて踊り、乗り物に乗ったときは楽しそうにしていたという。「笑顔がとてもすてきで、まわりを癒してくれました。ひまわりのような笑顔でした。美帆は毎日を一生懸命生きていました」。母親は、美帆さんと一緒に過ごした思い出をかみしめるように話した。

 事件当日、連絡を受けた母親が、やまゆり園に駆け付けて目にしたのは、名簿につけられた「×」印だった。しばらくして、対面した美帆さんの体は、すでに冷たくなっていたという。「すごく冷たくて、一生忘れることができない冷たさでした」と、当時の心境を涙ながらに語った。

 事件は、残された家族に大きな傷を及ぼした。自身も体調を崩し、1人で外出することができなくなったという。「私の人生はこれで終わりだと思いました。自分の命よりも大切な人を失ったのだから」

 母親は植松被告に語りかけるように、「他人が勝手に奪っていい命など、一つもないということを伝えます。あなたはそんなことも分からないで生きてきたのですか」と話した。そして、植松被告の差別的な主張に対し、「私は娘がいて、とても幸せでした。決して不幸ではなかった。『不幸をつくる』とか勝手にいわないでほしいです」と、語気を強めて反論した。

 「どんな刑があなたに与えられても、私はあなたを絶対に許さない」。そう言い切った母親は、植松被告に極刑を希望する旨を述べて陳述を終えた。黒いスーツ姿の植松被告は終始静かに陳述を聞き、母親の悲痛な声にも大きな反応をみせることはなく無表情のままだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ