ケフィア元代表ら9人逮捕 出資法違反「金集め間違いない」 警視庁

 加工食品などのオーナーを募って多額の現金を集め、平成30年に破産した通信販売会社「ケフィア事業振興会」(東京都千代田区)をめぐり、元本保証を約束して資金を集めたとして、警視庁生活経済課などは18日、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で、元代表の鏑木(かぶらき)秀弥(ひでや)容疑者(84)=葛飾区東新小岩=ら男女9人を逮捕した。

 同課によると、同社は通販サイトで干し柿やリンゴジュースといった加工食品を中心に販売。1口5万円などで加工食品のオーナーになれば、半年後に5~10%程度の利息を上乗せして返還する「オーナー商法」を展開していた。同社の設備への投資なども募っていた。

 逮捕容疑は29年4月~30年6月ごろ、千葉県の85歳男性ら男女19人から元本保証を約束し、計約1億8千万円を預かったとしている。鏑木容疑者は調べに対し容疑を認め、「金を集めたことに間違いありません」と供述している。

 同社は12年3月から30年8月ごろにかけてオーナー商法などにより、全国の高齢者ら4万4千人以上から総額約2100億円を集めたとされる。同社は30年9月に破産し、約3万人が出資した約1千億円が返済不能となっているとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ