共通テスト 作問委員のルール厳格化 例題集出版で文科相

 大学入学共通テストの国語問題を作成する分科会の複数の委員が記述式の例題集を出版し、利益相反などの疑念を指摘されて辞任した問題で、萩生田光一文部科学相は18日の閣議後会見で「(作問担当者らが)誤解を招くような仕事に、期間中に携わることは好ましくないと思っている」と述べ、大学入試センターにルールの厳格化を求めたことを明らかにした。

 萩生田文科相は、例題集の内容に来年実施の共通テストの問題を類推できるような情報はなく、辞任した委員に守秘義務に関するルール違反はなかったとしつつ、「どのような形であれ、社会的な疑念が生じないようにすることが必要」「違反行為ではなくても誤解を招く可能性がある」などとし、倫理的に問題であるとの見解を示した。

 その上で、「共通テストの信頼性を高めるためには、さらに倫理観を高めてもらいたいとセンターにお願いした。ルールを厳格にすべきだと思っている」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ