官舎で女性下着窃盗疑い、山口県警の巡査長再逮捕

 国家公務員宿舎の一室に忍び込み居住女性の下着を盗んだとして、山口県警は26日、窃盗と住居侵入の疑いで同県警地域運用課巡査長の松本航太容疑者(33)=山口市大内千坊=を再逮捕した。松本容疑者は「侵入したが、盗むつもりで持っていったのではない」と供述している。

 再逮捕容疑は5日午後3時40分ごろ、中国財務局山口財務事務所が管理する山口市内の4階建て宿舎で、3階に住む国家公務員の20代女性宅に侵入し、ショーツ1枚を盗んだとしている。

 県警によると、2人は面識があった。女性は同日午後4時前に帰宅した際、何者かが侵入した形跡があったため上司を通じて県警に通報した。駆け付けた警察官は、居住者がいない隣の空き部屋に隠れていた松本容疑者を発見。午後7時すぎ、この部屋への侵入容疑で現行犯逮捕した。部屋の中には、20代女性のショーツ1枚と、容疑者のものとみられるカメラや粘着テープなどがあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ