名古屋市、芸術祭負担金巡る訴訟で全面対決の姿勢

 名古屋市の河村たかし市長は21日、愛知県の大村秀章知事が会長を務める芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」実行委員会が同市に未払いの負担金を支払うよう求めて提訴したことに関し、訴訟で全面的に争う姿勢を示した。「いかに大村知事が間違ったことをやっているか、厳しく指摘したい」と市役所で記者団に述べた。

 令和4(2022)年の次回トリエンナーレ開催に関し、元慰安婦を象徴した「平和の少女像」など「表現の不自由展・その後」の展示内容に問題があったと改めて批判し「大村知事による今まで通りの独裁では、できるわけがない」と語った。

 河村市長は不自由展の内容に加え、大村知事の実行委運営を問題視して未払い分の負担金約3300万円を支出しないと決定。これを受け大村知事は21日、実行委を原告として支払いを求めて名古屋地裁に提訴した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ