西日本豪雨2年 漫画で復興に貢献を 岡山・真備 大学講師がツイッター投稿

 200人を超える死者・行方不明者を出した西日本豪雨。被害が大きかった岡山県倉敷市真備(まび)町地区の自宅兼事務所にいた漫画家は当時、眼前に迫る濁流に、ツイッターで悲痛な叫びを発信した。自宅は全壊したが、インターネットでカンパを募ると約1カ月で仕事の再開に必要な資金や道具が集まった。「1人では生きられないと気づかされた」と、昨春からは復興の様子を伝える漫画をツイッターに掲載。「漫画で復興に貢献したい」と話す。(尾崎豪一)

 「しぬど……」

 平成30年7月7日午前8時50分、「かぼちゃ」のペンネームで漫画家として活動する倉敷芸術科学大講師の松田博義さん(36)が、眼前に広がる濁流への恐怖をツイートすると、身の上を案じる返信やリツイートは千件を超えた。

 前日夜、近くの小田川の様子を見て「大したことはない」と高をくくっていたが、水位は急上昇。高台の実家に避難しようとしたが道路が冠水していたため、2階建ての自宅での“籠城”を余儀なくされた。

 泥水は少しずつ家屋をむしばみ、「ゴポッ、ゴポッ」と不気味な音とともに家具が浮き上がる。執筆部屋のある2階に逃げ込んだが、泥水が迫ってきた。「もうだめだ」。妻の斐子(あやこ)さん(31)と飼い猫とともに1階の屋根上に上がり、ともに毛布にくるまって風雨をしのいだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ