積乱雲次々と…「線状降水帯」長時間の大雨で被害 熊本豪雨

 梅雨前線の影響で記録的な大雨に見舞われ、大雨特別警報が発令された熊本、鹿児島両県の一部では、積乱雲が同じ場所で連続して形成され、まとまった時間に激しい雨を降らせる「線状降水帯」が発生したとみられる。この地域に停滞していた梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだことが原因とみられ、過去にも線状降水帯が形成されて、多数の被害が出る災害が起こっている。

南と西から湿った空気が

 気象庁によると、3日夜から梅雨前線が熊本県や宮崎県、鹿児島県付近に停滞。前線に対して渦を巻くように、南と西から温かく湿った空気が流れ込んでぶつかることで上昇気流が生まれ、連続して積乱雲がつくられていったとみられる。

 大雨特別警報発令を受けて開かれた4日午前の記者会見で、気象庁の中本能久(よしひさ)予報課長は「詳しい解析は必要だが、線状降水帯が形成されたように見える」と指摘。「湿った空気がどんどん流れ込むと、長く降って(雨量が)増えていく」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ