熊本豪雨 83歳独居性、屋根に上がり脱いだ服を振った

 夜間に勢いを増した雨、逃げる間もない速さで押し寄せた濁流。熊本県南部を襲った豪雨の被災地では、濁流で道路が分断されて避難がままならず、今も救助を待つ人がいる。一方、命からがら避難所にたどり着いた人々は、無事の再会を喜び合った。

助けに行けず…

 隣人が屋根の上で1人、助けを待っている。そう聞かされても、腰の高さまで迫る激しい濁流で歩けなくなった市街地を前に、ただ無事を祈るしかなかった。

 球(く)磨(ま)川沿いを中心に、甚大な被害が出た熊本県人(ひと)吉(よし)市。下林町の高校教員、村上崇さん(43)は4日午前5時ごろ、「ゴー」という轟(ごう)音(おん)で目が覚め、同居する母(79)とともに、車で避難所となった「人吉スポーツパレス」に向かった。

 無事に到着後、ほどなくして隣人の自営業、堀川美智さん(83)が屋根の上で助けを待っていると聞き、慌てた。平屋建ての家に1人で暮らす堀川さんには、時々食事を届けたりしてきた。いつも元気な堀川さんだが、平屋の家では「垂直避難」も難しい。

 助けに行こうと考えたが、乗ってきた車はすでに水につかっており、市街地は歩ける状態ではなくなっていた。「大丈夫だろうか」。ただただ無事を祈り、時を過ごした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ