宮崎、鹿児島でも被害警戒 土砂崩れ、川氾濫も

 大雨に見舞われた宮崎、鹿児島両県では6日、土砂崩れや川の氾濫が発生した。両県は被害状況の確認を進めるとともに警戒を呼び掛けている。

 宮崎県によると、日南市では土砂崩れが発生した影響で国道222号が通行止めとなった。串間市によると、市内を流れる本城川が氾濫。避難所5カ所に約20人が避難しているという。

 鹿児島県出水市の高尾野ダムでは水位が上昇したため、午前7時ごろから下流の高尾野川に緊急放流を実施。また伊佐市の山野川が氾濫した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ