コロナ対策うたいサプリ宣伝 美容サロン経営者ら書類送検

 新型コロナウイルス予防に効果があるように装ってサプリメントなどを宣伝したなどとして、警視庁生活環境課は7日、医薬品医療機器法違反容疑で、美容サロン経営の女(41)=東京都渋谷区=と従業員の女2人を書類送検した。経営の女は「新型コロナウイルスの緊急事態宣言で店舗の売り上げが落ちてきた。商品の販売に力を入れようと思った」と容疑を認めているという。

 書類送検容疑は4月から6月までの間、インターネット上で「新型コロナウイルス対策」をうたい、国産のサプリメント2品とティーバッグ1品を医薬品と偽って宣伝広告し、販売目的で合計20瓶を貯蔵したなどとしている。

 2月からインターネット上で「新型コロナウイルス対策」と宣伝をしており、昨年同期比で2倍以上の金額を売り上げていたとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ