「これからが心配」岐阜で川氾濫、土砂崩れも

 非常に激しい雨が降った岐阜県では8日、山間部の下呂市で飛騨川が氾濫し、同市や高山市では複数の土砂崩れが発生した。

 下呂市によると、市内では少なくとも7カ所で土砂崩れが発生。各地域の事務所を通じて住民の安否などを確認している。道路が寸断され近づけない現場もあるという。

 下呂駅近くのホテル「くさかべアルメリア」では、7日夜に宿泊した約30組の客から帰宅手段を心配する声が相次いだ。8日も45組ほどの予約があるが、電話でキャンセルを促しているといい、山田琢常務取締役(39)は「新型コロナウイルスの影響から客足が戻りつつあったのに…」とうつむいた。

 下呂市の担当者は「7日の日中は降ったりやんだりだったが、夜から激しく降り続いている。これからが心配だ」と焦りを隠せなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ