孫の結婚式前に悲劇「阪神」でも被災の夫婦 熊本

 孫が小学校に上がると、ミチ子さんは手を引きながら学校まで送ることもあった。松本さんは「それはむぞがって(かわいがって)むぞがってね。孫も『ばあちゃん』『じーちゃん』って、すごくなついてた」と振り返る。

 勇さんは慣れない畑仕事に苦労しながらデコポンの栽培に挑戦した。幼い頃に患った病気で右腕が不自由だったというミチ子さんも収穫後の袋詰め作業を手伝い、4千平方メートルの畑を持つまでになった。孫が津奈木町を離れて関東地方で働くようになってからは、育てたデコポンを送ることもあったという。

 かわいがってきた孫の「人生の晴れ舞台」を前に起きた悲劇。松本さんは、まだ行方の分かっていないミチ子さんと貴孝さんも思いながら、「あんなに楽しみにしていたのによ。今からだっていうときに。悔しくて悔しくてしようがない」と唇をかんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ