豪雨、コロナ、また豪雨 苦境続く温泉郷 福岡・大分

 熊本、鹿児島両県に大雨特別警報が出てから11日で1週間。その後も九州を襲った連日の豪雨で、福岡県朝倉市や大分県日田市の温泉郷も大きな被害を受けている。両市は平成29年の九州北部豪雨で被災。今年は新型コロナウイルスの影響で一時営業を自粛しており、ようやく再開した直後、今回の豪雨被害に見舞われた。復旧を急ぐ旅館がある一方、経営者からは、見えない先行きに「もはや希望をなくした」という声も漏れてきた。(石原颯、花輪理徳)

 「これからというときに」。福岡県朝倉市の原鶴(はらづる)温泉にある創業71年の老舗旅館「原鶴温泉 泰泉閣」。林恭一郎社長(45)は7日未明、旅館内の様子に言葉を失った。

 1階の宴会場や調理場は泥水で浸され、バケツが浮いていた。夕方に一度水はひいたが、大雨は続き、深夜に再び冠水。温泉の源泉をくみ上げるポンプにも泥が入り込んだ。

 この旅館は3年前も1階が浸水する被害を受けたが、その約2週間後には営業を再開。地元住民やボランティアには一時、無料で利用できるようにした。林社長は「何とか地元を復興させたい。その一心だった」と振り返る。

 3年前の苦境を乗り切ったところで、今度は新型コロナウイルスの感染が拡大。その影響を受け、4月から6月末まで休館した。

 「経営的には最も苦しかった」(林社長)時期が終わったと考えていた直後の再度の豪雨被害。ショックは隠しきれないが「熊本県の温泉地はもっと被害が甚大。下を向いていても始まらない。原鶴温泉の魅力を楽しんでもらえるよう準備を進めたい」。17日の営業再開を目指し作業を急ぐ。

 1300年以上の歴史があり、「豊後三大温泉」の一つとされる大分県日田市の天ケ瀬温泉も今回の豪雨で大きな被害が出た。

 天ケ瀬温泉旅館組合に加盟する14軒のうち氾濫した玖珠川沿いの8軒が浸水。組合長の阿部信明さん(60)は「水害に慣れている地域だが、今回の規模は経験がない」と驚きを隠せない。

 新型コロナの影響で6月中までほとんどの旅館が休業。借金で耐えた旅館もあるが、今回の豪雨で「希望をなくした」との声が複数上がっているという。

 11日、各旅館ではボランティアの協力を受けながら、泥にまみれたエアコンの室外機やソファなどを次々と運び出した。ただ、連日の雨で、片付け作業はなかなか進まない。

 旅館「華水」を経営する関根諭さん(60)は9日から片付けを始めたが、11日朝になっても旅館1階は20センチほど泥に漬かり、さらに泥が深くて入ることができないところもある。源泉をひく設備が壊れていたことも判明した。「お湯が出るようにするだけで家1軒建てられるほどのお金がかかる。日がたつにつれて現実が押し寄せてくる」。関根さんは疲れ切った様子でため息をついた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ