地盤の緩み、災害警戒を 前線影響、西日本や東北で

 梅雨前線や低気圧の影響で、12日は西日本や東北を中心に雨が降った。これまでの記録的大雨で地盤が緩んでいる地域では、少しの雨でも災害の危険度が高まっている。気象庁は同日、引き続き土砂災害、河川の増水や氾濫、低地の浸水に厳重な警戒を呼び掛けた。

 12日午前の1時間雨量は、長崎県新上五島町で36・5ミリ、岩手県遠野市で32・5ミリの激しい雨。熊本県山都町は29・0ミリの強い雨となった。

 気象庁によると、梅雨前線は西日本や東日本を通り日本の東に延びている。秋田沖の低気圧は東北に接近。前線は12日夜にかけて、東日本を南下するが、九州付近では停滞する見込みだ。13日には別の低気圧が黄海から日本海を東に進み、前線が再び北上する。前線や低気圧に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になりそうだ。

 13日正午までの24時間予想雨量は、九州北部120ミリ、九州南部、中国、関東甲信50ミリ、北陸、東海、東北40ミリ、四国30ミリなど。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ