秋田で浸水、土砂崩れ 河川増水相次ぎ避難指示も

 秋田県で28日、梅雨前線の影響による大雨で住宅の浸水や土砂崩れが相次いだ。人的被害は確認されていない。大仙市の福部内川に氾濫発生情報が出るなど各地の河川が増水。県などによると、大仙市や由利本荘市はそれぞれ一部世帯に避難指示(緊急)を発令、美郷町が避難勧告を出すなどした。

 県などによると、大仙市の福部内川は早朝に氾濫危険水位を超えた。実際に越水は確認されなかったが、川への排水が滞ったとみられ、流域が水に漬かった。

 由利本荘市では午前6時ごろに土砂崩れが起きて、9世帯計28人が一時孤立。市内の芋川が氾濫危険水位に達し、浸水被害もあった。秋田市でも住宅数軒が床上浸水した。

 JR東日本は秋田新幹線の秋田-盛岡間で始発から同日夕ごろまで運転を見合わせると発表。奥羽線や羽越線も運休するなどした。

 国土交通省によると、由利本荘市の日本海東北自動車道で土砂崩れがあり、大内ジャンクション-本荘インターチェンジ間の上下線が通行止めになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ