藤井棋聖に殺害予告 会社員の男を逮捕

 将棋の藤井聡太棋聖(18)を名指しして、日本将棋連盟(東京都渋谷区)のウェブサイトに殺害予告を書き込んだなどとして、警視庁原宿署は30日、威力業務妨害容疑で住所不詳、会社員、畠山拓也容疑者(43)を逮捕した。調べに対し、「イラっとしてやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は7月4日午後11時半ごろ、連盟のウェブサイトの問い合わせフォームに、スマートフォンから「(藤井棋聖が)このまま対局を続けるなら殺害する」などと書き込み、職員らに藤井棋聖の身辺警護をさせるなど、業務を妨害したとしている。

 事件当時、藤井棋聖は棋聖戦五番勝負で2勝しており、タイトル獲得まであと1勝に迫っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ