“特別警報級”台風10号接近にネット騒然 「今回のはマジでヤバイよ…怖すぎ」「本当に怪物」

 気象庁が2日、最大風速50メートル以上の特別警報級に発達する可能性がある台風10号が6~7日に奄美から西日本にかけて接近、上陸する恐れがあると発表したことを受け、ツイッターでは「台風10号」「台風の影響」といったワードがトレンド入り。記録的な大雨や暴風、高潮などの恐れもあることから、「台風10号は、本当に怪物です」「ヤバイよー」とネットユーザーは危機感を募らせ、騒然となった。新型コロナウイルス感染拡大の警戒対応が続く最中の台風接近に「コロナ、猛暑、次に台風‥何事もなければいいのだけれど」と祈るような気持ちでツイートする人もいた。

 台風10号は2日正午現在、マリアナ諸島付近を時速約15キロで西寄りに進んでおり、今後、進路を北寄りに変えて日本に近づく見通し。ツイッターには「台風 あっち行け~」「台風慣れてる地域でも 今回のはマジでヤバイよ…怖すぎ」「温暖化の影響もあってか 台風が狂暴化してるので 怖いです」と警戒するツイートが殺到。各地で甚大な被害が出る恐れもあり、「台風の影響で稲や農作物に被害が出そうだなあ」「10号ヤダな…週末ヤダな」「特別警報級の台風って伊勢湾台風並みなのかな……?」と心配する声が相次いだ。

 コロナ禍で移動と接触を極力抑える取り組みが浸透する一方、避難所などでの感染を恐れて避難行動をためらう心理が働くといった懸念も指摘されている。だが、河川の氾濫など水の猛威から命を守るためには“早期避難”が原則。避難や安全確保が遅れることのないよう、ツイッターでは「早めの準備や備えをして下さい」と促す投稿も目立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ