ケリー被告から「日本人の感覚で妥当な開示額は、と聞かれた」 元秘書室長、ゴーン被告報酬めぐり証言

 日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の役員報酬を過少記載したとされる事件で、29日に開かれた元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(64)らの公判。検察との司法取引(協議・合意制度)に応じた元秘書室長は証人尋問で、1億円以上の役員報酬開示制度が導入される見通しとなって以降、ゴーン被告の報酬開示額をめぐる検討に加わったと認め、「ケリー被告から、日本人の感覚で妥当だと思う額を聞かれた」と証言した。

 元秘書室長は、検察側の尋問で、開示額をめぐる社内での検討に加わるきっかけを問われ、「いくらぐらいが妥当だと思うか、ケリー被告に聞かれたことから始まった」などと述べた。

 また、ゴーン被告の報酬について「未払いになっているものがあった」「開示を避けてどのように支払うかを検討してきた」などとも証言している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ