大麻使用者は「一桁」、時期不明「昔からではないと…」 東海大会見

 東海大は17日、硬式野球部の寮(神奈川県平塚市)内で、部員数人が大麻とみられる薬物の使用が確認されたとし、同部を無期限の活動停止処分にしたと発表した。東海大は神奈川県警に相談しており、県警は部員から事情聴取をし、16日には大麻取締法違反容疑で寮を家宅捜索した。

 ■複数部員が認める「興味本位」

 17日、東海大は湘南キャンパス(平塚市)で記者会見を開き、山田清志学長と伊藤栄治硬式野球部長らが出席。山田学長は冒頭、「信頼を裏切る結果となり、心よりおわび申し上げる」と陳謝した。

 大学側によると9日、部員の薬物使用に関する内部情報が電話で寄せられ、大学が調査を開始。16日に複数の部員が寮内で薬物を使用したことを認めた。「興味本位で使用した」と話しており、大麻とみられるものも見つかっている。

 野球部は部員計128人のうち110人が、グラウンドに併設された寮2棟で生活、薬物は寮の4人部屋の一室で使われていたとみられ、使用した人数について大学は「一桁台」と説明した。

 部員らは大学が調査に入った際、事態を把握していることにみな驚いた表情をみせたという。個人の特定につながるとして、使用を認めた部員の学年や、レギュラーか否かについての質問には「差し控える」とし、現在のところ分かっていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ